【薄毛の人の食生活7選+安価な育毛食品紹介】30代の薄毛の人向け毎食ハゲ改善ルーティーン

ハゲの食生活を防ぐ!

あなたは髪が寂しくなっていませんか?
ハゲて嬉しい人なんかいませんよね。
髪の悩みは食生活からまず改善してみてはいかがですか?
さて、今回は薄毛の食生活8選を紹介します。
その前に前置きしいます。
育毛を始める前に必要な事は

髪の毛のベースとなる毛を作る栄養とバランスを知る事

最重要栄養素はタンパク質です。
髪はほぼタンパク質からできています。
そしてタンパク質ミネラル分です。
タンパク質+ミネラル(亜鉛)
次に亜鉛です。
薄毛の方々のほとんどが亜鉛が不足しています。
亜鉛は髪の栄養に必要です。
亜鉛は髪に必要なミネラル分です。
亜鉛を普段の食事で取ることが必要になります。
亜鉛欠乏=薄毛になります
【1】異常な飲酒
アルコール分を分解するには体内の酵素が必要なので
アルコール異常飲酒は亜鉛欠乏引き起こします。
【2】塩
ここでいう塩は精製塩です。精製塩はミネラルを多く含むミネラル塩と違いミネラル(亜鉛)分を体外に排出します。
【3】野菜しか食べない
レタス、ブロッコリーはシュウ酸の影響により亜鉛の吸収を妨げます。
野菜しか食べないという人は肉類、魚類に含む亜鉛を摂取できない。
【4】ラーメン
ラーメンは脂の塊です。スープの脂肪を飲むことによって
血流が悪くなり、髪に栄養がいきにくくなります。
【5】甘い食べもの
シュウ酸を多く含まれる食品です。、尿から亜鉛が排出されます。チョコレートは油分を多くふくむので血流が悪くなります。
高脂肪で高コレステロールも髪に最悪です。
【6】加工食品(コンビニ弁当、お菓子、ポテチなど)
添加物や防腐剤が多く含まれます。添加物は亜鉛の吸収を阻害するので、加工食品を買うのはやめましょう。
【7】コーヒー
それとコーヒーに含まれるタンニンは利尿作用が尿から亜鉛が排出されます。
【8】辛い料理
塩分の過剰摂取、味の濃い料理を好む人は血流悪化につながります。亜鉛不足による味覚障害は味の感覚が鈍り、激辛料理を食べてしまいます。

まとめ

・油物は食べない
油物は皮脂を多く分泌して毛穴がつまり髪の栄養が行き渡らなくします。
・遅い食事はやめる
髪の栄養成長時間は夜10時から深夜2時です。成長時間の食事は血流が腸に集中して髪の栄養成長ホルモンが遅れます。
・馬鹿喰い
馬鹿喰いにより内臓が弱り、髪の栄養がいきにくくなります。

【薄毛の為の毎食ハゲ改善ルーティーン】

・毎食納豆か大豆を取る【タンパク】
効果:マメに含まれるイソフラボンがハゲのホルモンと言われるテストステロンを防ぎます。
血流も良くなり。
・レバー、野菜、豚肉【ビタミン】
ビタミンで血流改善、皮脂が多い人はビタミンを多く摂取して頭皮の皮脂を抑えましょう。
・魚介、きのこ類【ミネラル】
魚介やきのこは多くの亜鉛を含むので亜鉛欠乏による薄毛を防ぎます。
最新情報をチェックしよう!