【薄毛対策】髪の毛が生える野菜!

  • 5月 15, 2020
  • 5月 27, 2020
  • 食事
  • 13view

髪の毛が生える野菜をとって薄毛対策できます

薄毛に効く野菜はあるのか?

髪にとって必要な栄養素

も踏まえて上で、今回は記事を書きます。

野菜は髪を作る役立つ栄養素が多く含まれています。

男性も女性も気になる薄毛や抜け毛対策は

食の改善は重要な位置だと考えます。

髪に必要な栄養素を知る事で

薄毛や抜け毛の対策になり

健康を保つ効果も爆発的に効果が見られます。

さて、紹介の前に栄養素紹介して

最大限に引き出す栄養素4選を紹介します

多くの野菜に含まれる

薄毛対策に効果が期待できる栄養素は次のもの!!

髪に良い最大の栄養素4選

①ビタミンA
頭皮の健康維持効果

②ビタミンB群
たんぱく質からのエネルギーを助け

髪の成長サポート

③ビタミンE・カプサイシン
頭皮環境改善、血行促進

④リコピン
髪や頭皮の老化防止、抗酸化作用

さて、おすすめ野菜4選を紹介!

①人参

こちらはビタミンA群とC群が多く含まれます。

βカロテンは、体内でビタミンAに変わります。

ビタミンAには、体に入り

たんぱく質が皮膚や髪を助けます、結果、薄毛対策になります。

また、人参にはビタミンCも多く、

抗酸化ビタミンと呼ばれています。

体内での酸素が、細胞と結びつき老化ことがあります、

その髪を作る細胞や頭皮の老化防止し薄毛対策にもなります。

②にんにく(ビタミンB群)

どこでも手に入るニンニクは、

髪の成長助け、疲労回復や免疫機能向上の効果!

ニンニクの臭い臭いの元は「アリイン」という成分です。

アリインは、ビタミンB1助け

体の代謝の活性化疲労回復効果

免疫機能を向上させます。

③唐辛子(カプサイシン)

カプサイシンは血行促進!

血行不良は頭皮への栄養不良になり、頭皮環境が悪影響になり

痒みがあらわれたりします。

薄毛対策するには血行促進は大事な要素の一つです。

それに、唐辛子は髪の成長を助けビタミンB群も豊富にあります。

④トマト(リコピン)

リコピン摂取すると抗酸化作用をもたらします。

ことわざで、トマトが赤くなると医者が青くなる

と言われるくらいです。つまりトマトを食べると医者いらず

と言うことです。

リコピンは、ビタミンEの、100倍以上の抗酸化作用

リコピンは皮部分に多く含まれているので、

皮を食べると効率的に摂取できます。

では、皆さんも本日の買い物にて

人参、ニンニク、唐辛子、トマトを購入して冷蔵庫に常に保存して

育毛レシピとして使って見てください。

野菜からの栄養は体に必要ですので

頑張って料理して見てください。

最新情報をチェックしよう!