【驚異の育毛効果】血液ドロドロから血液サラサラへ!簡単入浴法!

  • 5月 23, 2020
  • 5月 27, 2020
  • 健康
  • 3view

血液ドロドロから血液サラサラへ!簡単入浴法!

あたたは間違った入浴をしていませんか?
今回は育毛効果がでる、
血液ドロドロから血液サラサラになる
入浴法ご紹介します。
バスの時間は快適安全なものにするために注意するのは、
「お湯の温度と入浴時間」
です。
お湯の温度は、熱すぎると
血圧を上昇させ危険です。
お風呂での事故も多く、
心臓病や脳卒中の危険もあります。
高温で長時間の入浴は体温が上昇して
脱水症状を引き起こします。血圧を下げ、人によっては貧血で倒れます。
入浴時間が長いと血液がドロドロになったり、水圧で心臓に負担がかかります。
長時間の全身浴には注意が必要です。
お風呂は疲労回復や新陳代謝を活発にし、
心と体の緊張をときほぐす効果があります。
血液ドロドロから血液サラサラにする入浴は「ぬる湯」につかることです。
「ぬる湯」は血圧の上昇を防いで、
体の芯まで温めます。
快適で安全な
お湯の温度は37~40℃
「あれ!?温度低すぎで体が温まらないじゃない?」
と思われるかもしれませんが、
ぬる湯」は体を芯まで温め、
入浴後も体の温かさが持続します。
しかし、「ぬる湯」は効果的ですが、
長湯には注意しましょう。
体の芯の温度が2℃以上高くなると
血小板が血管に付着し、
血液がドロドロになります。
湯船につかる時間は10分くらいが理想です。
「ぬる湯」は気持ちが良いため
つい長湯傾向になりますが、
結果的に最悪の血液ドロドロになります。
体の芯を温めすぎないためにも
「お湯の温度と入浴時間」
 
を理解し、正しい入浴の仕方を実践してみましょう!!!
「入浴前にすること」
・お湯をためるときはシャワーを使い
お湯をためて浴室全体を温めましょう。
 
・入浴前後にお水をコップ1杯飲みましょう。
さて、入浴の仕方の基礎知識は
ついたと思いますので、
簡単な入浴法をご紹介します。
(1)お湯の温度37~40℃
 
(2)お湯の高さは胸の下あたり
 
(3)入浴時間は10分以内
この3点に注意して入浴してみましょう。
血液は食生活や生活習慣で乱れ、
血液ドロドロになると言われますが、
入浴で改善が出来ます。
入浴は神経が緩むので
リラックス効果もあり、
ストレス発散にもなり、
頭もスッキリして
とても気持ちがいいです。
この10分入浴法を実践して
心も体もスッキリさせ
多血症を予防し、
育毛時に最大限発揮できるようにしましょう。
まずは、
お湯を浴槽の6割あたりまで溜めて、
準備をしましょう。
血液をドロドロからサラサラにする事で、
血液から運ばれる栄養を髪に送りましょう。
最新情報をチェックしよう!