【30円で薄毛対策】薄毛→成長ホルモン減少

【30円でできる薄毛対策】薄毛になるのは成長ホルモンが減少したからです。

成長ホルモンとは、骨を伸ばす、筋肉の発達、子供が大人になるために必要な成長するためのホルモンです。

効果:免疫アップ、細胞の活性化、

なぜ成長ホルモンが減少するとハゲるのか?

成長ホルモンにより、
肝臓からインスリン様成長因子1が分泌されます。
インスリン様成長因子1は髪の毛を作る毛母細胞の働きに影響するために成長ホルモンが減ると髪が抜けやすくなり、薄毛になります。
成長ホルモンは年齢を重ねるにつれて減少します。
この図を見てわかりますね。子供の頃に比べて大人になるにつれて、減少します。

成長ホルモンを減少→成長ホルモンを増加の方法

・睡眠の改善
まず、睡眠は深く。
成長ホルモンが分泌するタイミングがあります。
それは、ノンレム睡眠時です。
効果的な睡眠をとる。
対策:
・寝る前にスマホは見ない。
・アルコールを飲み過ぎない。
・睡眠前の食事は2時間あける。(血糖値をあげると成長ホルモン減少)
今回のテーマは【30円でできる薄毛対策】

食事から薄毛対策

ほとんどの人がご家庭の冷蔵庫にある納豆です。
スーパーなど安いものだと70円から90円くらいで
手に入ります。毎日一個食べても30円ほどで薄毛対策ができる
ということです。
納豆で薄毛対策になるのか?
納豆や大豆製品に含まれるイソフラボンという物質が
頭皮や胃腸の知覚神経を刺激して
インスリン様成長因子1を増加する効果があると言われています。
インスリン様成長因子1「成長ホルモンを爆進剤」です。
インスリン様成長因子1の効果;
毛乳頭の血行促進
毛母細胞の栄養供給の増加
これだけの薄毛効果があります。
ぜひ、毎日の食事に納豆を入れて見てはいかがでしょうか。
【まとめ】
良質な睡眠をとる。
納豆を食べる。
最新情報をチェックしよう!