NO IMAGE

【NG薄毛習慣】 をハゲない生活習慣を紹介

  • 6月 27, 2020
  • 6月 27, 2020
  • 健康
  • 1view
今回ハゲない生活習慣について
禿げる習慣
1 睡眠不足
2 栄養不足
3 ストレス過多
です。
睡眠不足は、
寝ている間は副交感神経の働きが高く全身の血行が良くなることが知られています。

一方睡眠不足になると、交感神経の活動がやまず血管が収縮して血行に悪い影響がでます

髪を育てる栄養素は血流に乗って運ばれ血行が悪くなると頭皮に十分な栄養素が運ばれなくなります。

その結果、毛が細くなり、髪が薄くなる状態になります。

次に栄養不足

過度な栄養不足や、体に負担をかける量の多い飲酒は頭皮に大きなダメージです。

コンビニ弁当やファーストフードの食事が多いという方は、を食べるに等しいです。

毛髪の発育に必要な「アミノ酸」「タンパク質」これらの吸収を促進する「ビタミンと薄毛の要因となるホルモンを抑制する「亜鉛」を摂取するこで抑制します。

最後にストレス過多です。

ストレス状態が続くと交感神経が優位となり、頭皮の毛細血管に血液が運ばれず栄養不足になります、

反対ににリラックスしている時や睡眠時には副交感神経が優位となり、毛細血管のような細い血管にまで十分な栄養が流れます。

これにより髪にも栄養が運ばれハゲを防げます。

睡眠時間の確保と、万病のもとであるストレスを解消してハゲの進行を食い止めることができます。

また睡眠不足によりストレスが溜まってしまうことも血行を悪化させる原因になるので

注意しましょう。

みなさんを適切な知識を持って
育毛に取り組みましょう。
本日の私
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!